FILM CAMERA EYES ~1/125秒が"いつも"を変える

フィルムカメラ大好きマンが写真を載せてばかりのブログです。

1年前に撮ったままにしていたフィルムを、現像に出しました。

f:id:tomo-camera:20180320111726j:plain

 

こんにちは、ともひろ(@Tomo_camera_)です。

 

年末年始に大掃除をしていたら、現像されていないフィルムがころんと出てきました。

 

フィルムの銘柄は”NATURA1600”。

年越しの渋谷の大騒ぎを撮影した、高感度カラーネガフィルムです。

www.tomo-camera.com

 

そういえば去年の今ごろは、フィルムカメラの感触が新鮮で、毎日井の頭公園で撮影していました。いろんなフィルムを試してたんですね。

f:id:tomo-camera:20180320104441j:plain

レンジファインダーが新鮮だった1年前

なんてことない写真ばかりだから、現像しなくていいや…って後回しにしてたら、すっかり忘れられたNATURA1600。かわいそうに。

そろそろ桜の時期になってちょうどいいタイミングだし、現像に出してきました。 

 

1年前に撮影した、NATURA1600をスキャンしてみた 

f:id:tomo-camera:20180320093949j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320094217j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320094311j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

まず目に飛び込んできたのは、眩しい桜の写真たち!

ここまで長い間フィルムを現像せずにいたのは初めてで、とても新鮮です。

f:id:tomo-camera:20180320094349j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320094450j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

そうそう、そういやめっちゃ曇ってた。撮った日のことって覚えてるもんだなぁ。

f:id:tomo-camera:20180320094536j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320101056j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

いまなら通り過ぎてしまう、なんてこと無い景色に目を向けていることに驚きます。

「フィルムがもったいないから」と躊躇することもなく、どんどん撮影してる。

 

f:id:tomo-camera:20180320101157j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320101206j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320101216j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

ライカはシャッタースピードが足りないからボカせない」なんて思い込みも、「高感度フィルムだから絞ろう」なんて計算もない。

ただただ目の前の景色を楽しみながら撮ってる。なんなんだこれは。

 

いまの僕は、こんな純粋な写真撮れないぞ。

 

f:id:tomo-camera:20180320101559j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320101745j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

こんな写真撮って何がしたいんだ?」なんてことも、この頃は考えてなかった。

ただただ、写真を撮ることが新鮮で楽しかったんだな。 

 

f:id:tomo-camera:20180320101711j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

なにこの写真集の表紙になってそうなオシャレな1枚。

繰り返しになってしまうけど、いまの僕にこんな写真は撮れない。

 

いまの僕は、目の前の景色をこんなに慈しんで眺めていない。

 

1年前のフィルムをスキャンしてみて、感じたこと。

f:id:tomo-camera:20180320103153j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

 

フィルムを現像に出す前は「1年前より今のほうが写真がうまいです!チャンチャン!」で終わるだろうと思ってたけど、そんなことはなかったです。

 

いまの僕よりもずっと、新鮮な感情で世界を見ていたことがよくわかりました。

 

f:id:tomo-camera:20180320113134j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

1年前は好きなカメラマンや、好きな写真集もなかったので、目に付いたものをどんどん写真におさめていました。そこにマネや計算はありませんでした。

そんな、目の前の景色に対するピュアな距離感がいま見ると新鮮です。

 

いまの僕は、一言でいえば「映え」がシャッターを切る基準のひとつになってしまっています。

撮影前にゴチャゴチャ考えてしまって、誰のための写真なのかわからなくなる時があります。

f:id:tomo-camera:20180320100512j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

 

1年前の僕の写真はたしかに、取るに足らないものばかりです。

でも、いまよりずっと「写真を楽しんでいる」ことが伝わってくる。

f:id:tomo-camera:20180320103603j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

 

こじんまりとした考えでカメラを構えがちな、今の僕に撮れない写真ばかりでした。

f:id:tomo-camera:20180320100422j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

f:id:tomo-camera:20180320102046j:plain

LeicaM6 NoctiluxF/1.0 NATRA1600 ©2018Tomohiro Onishi

んーーーー、過去の写真を振り返るのは無駄じゃありませんね。

1年前の自分から「もっと写真を楽しみなよ」と諭してもらった気がします。

 

大好きな、市橋織江さんの最新作『TOWN』に似た視点を、1年前の写真たちに感じました。おこがましいですが。

 

プロの写真家はきっと、カメラを始めたばかりの瑞々しい感性や目線を持ち続けてるんでしょうね。それってすごいことだ。。

 

市橋織江さんのことを知らなかった時期の僕が、いまよりずっと市橋織江さんに近いテイストの写真を撮っていたなんて冗談みたいです(笑)

f:id:tomo-camera:20180320103025j:plain

FUJIFILM X-T2 XF23mF/2 ©2017Rina Sakurai

もし、これを読んでるあなたが「私の写真はつまらないなぁ…」と悩んでいるなら、過去の写真を振り返ってみてください。

InstagramやTwitterで人気の写真を見るのも勉強になります。

でも、自分の写真を振りることも時には大事です。今回それに気付くことができました。

 

いまのあなたとは違う視点から撮られた写真たちは、色んなことを教えてくれるはず。

僕はそうでした。1年前の新鮮な気持ちを思い出しながら、また写真撮ろうっと。

 

今回のフィルム。もうすぐ生産終了なんだって…しくしく。 

こちらも1年前に井の頭公園を撮影している記事です。あわせて読んで頂ければ幸いです👇👇

www.tomo-camera.com

 

また、公式HPも作成しました!

現在こちらに掲載させて頂くモデルさんを募集しております!

詳しくはHPの「CONTACT&PRICE」を御覧ください!

Tomohiro Onishi's Portfolio - People

 

では、きょうはここまで!