FILM CAMERA EYES ~1/125秒が"いつも"を変える

フィルムカメラ大好きマンが写真を載せてばかりのブログです。

CONTAX T2はきっと最高の相棒になる。作例多めでレビュー!

f:id:tomo-camera:20180315170641j:plain

こんにちは、ともひろ(@Tomo_camera_)です。

 

1週間ほど前、CONTAX T2というカメラを購入しました。

f:id:tomo-camera:20180315161335j:plain

1990年に発売された、コンパクトフィルムカメラです。

 

コンパクトカメラは、難しいことを考えずにパパっと写真が撮れるカメラのこと。

 

当時120,000円と高級品ですが、気軽に持ち出せるサイズ感カール・ツァイスレンズの描写が評判を呼び大ヒット。

高級コンパクトカメラブームを牽引したんだとか。

 

きょうは、CONTAX T2の操作方法や作例を紹介します。

 

 

CONTAX T2 を購入した理由

カメラが増えすぎたので、1台にまとめたかった。

f:id:tomo-camera:20180315161455j:plain

1年前のカメラたち。いまはもっと増えています。

カメラ屋でジャンクコーナーを物色するクセのせいで、機材がどんどん増えていました。

もはや、自分でもどのカメラを持ち出せばいいかわからないレベルで。

 

スナップはライカを使うことが多いですが、傷付けないようにとか、スられないようにとか、気を遣って、取り回しが重くなってました。贅沢ですね。

f:id:tomo-camera:20180315161707j:plain

雑には扱えないのがライカ

 

ジャンクコーナーのカメラも、ポケットに入らなかったり、描写が好きになれなかったりで。

ポケットに入るサイズで、写りもいいカメラはないものか!」とたどり着いたのがCONTAX T2でした。

 

きっかけは、たまたま手にとった1冊の写真集。

どの写真も、AF任せでシャッターを押しただけ。

でも心が吸い寄せられる写真がたくさん載ってて、この本で使われたカメラがCONTAX T2。欲しい。

 

インスタで「#contaxt2」タグを調べると、ほんっとにきれいな写真が多くて。

岸 茉莉さんという方が、素敵な写真をたくさんCONTAX T2で撮っいるので、参考にしてました。

 

こってりした独特な色と味のある描写。

すぐさま不要品を売り払い、新宿西口の中古カメラ市場さんで綺麗な個体を購入したのでした。

f:id:tomo-camera:20180315162330j:plain

 

CONTAX T2の操作方法

迷う必要なし!簡単操作でOK。

f:id:tomo-camera:20180315162708j:plain

操作方法といっても、基本はモードダイアルをAFに合わせてシャッターを押すだけです。

 

0.7m〜∞の項目はマニュアルでピントを微調整するときに使います。

例えばガラスの奥ではなく、反射した自分にピントを合わせたい場合など。 

f:id:tomo-camera:20180315162801j:plain

CONTAX T2 + Lomography CN 100 ©2018Tomohiro Onishi

ファインダーは素通しのガラスで、ピントが合っているかどうかを目視で確認できませんが、LEDが「 」と点灯して、ピントの山を教えてくれます。

」と光れば、ピントが合ってる合図。

f:id:tomo-camera:20180315163026j:plain

 

レンズ上面に絞りリングがあり、絞りに応じたシャッタースピードをカメラが自動で設定してくれます。

f:id:tomo-camera:20180315163220j:plain

シャッターの最高速度はF/4〜F/16が1/200秒、F/2.8で1/500と遅め。

カンカン照りの日は絞らざるを得ません。

 

明るすぎるよ~」&「暗すぎるよ~」の警告はファインダー内に表示されます。

その場合でも、シャッターは切れる上、むちゃくちゃな写真にはならない印象です。

f:id:tomo-camera:20180315163339j:plain

露出オーバーで撮ったけどしっかり写ってる。CONTAX T2 + Lomography CN 100 ©2018Tomohiro Onishi

 

f:id:tomo-camera:20180315163441j:plain

絞りをF/2.8に合わせておけば、明るすぎる被写体に対してのみプログラムオートになり、絞りとシャッタースピード両方を自動で設定してくれます(ややこしい)

 

F/2.8にしておけば、全自動で撮ってくれるってことです。 

 

f:id:tomo-camera:20180315163531j:plain

露出補正はこのギザギザのダイアルに指を突っ込んで調節します。まだちゃんと使えていません。

 

以上が基本的な操作方法になります。基本はAFでシャッターを押すだけ。

ね、簡単でしょう?

f:id:tomo-camera:20180315163557j:plain

 ではでは、CONTAX T2でどんな写真が撮れるか、多めに載せていきます。

 

CONTAXT2 作例

作例①:ISO800フィルムで夜の吉祥寺を撮る

f:id:tomo-camera:20180315163635j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163645j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163737j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163720j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163657j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163805j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315163956j:plain

 

どれもF/2.8の開放で撮影!しっかり写ってる〜!よかった〜!

 

ロモのISO800フィルムは、粒子がそこまで目立たず、どんな環境でも撮れるので超オススメです。さいきん常用してます。

AmazonにはISO800がなかったので400置いときます。

 

作例②:ISO100フィルムで鎌倉を撮る

f:id:tomo-camera:20180315164331j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164358j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164351j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164454j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164653j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164715j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164706j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164755j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164813j:plain

たまーにピントが外れます

f:id:tomo-camera:20180315164828j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164847j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164902j:plain

 

f:id:tomo-camera:20180315164921j:plain

 

鎌倉の写真はすべて、ロモグラフィーのISO100フィルムで撮影。

 

フジの業務用と同じくらいの値段で、コダックに近い描写をするので気に入ってます。

 

おわりに:コンパクトカメラでこの描写は素晴らしい。

f:id:tomo-camera:20180315165149j:plain

きれいな写真が撮れるだろう」とわかって購入しましたが、期待以上の描写にドキドキが止まりません。

なんて味のある写りをするんだろう。超好き

 

最後に、インスタとFlickrの作例を載せて終わりにします。

www.instagram.com

 

www.flickr.com

 

ポケットに入るサイズで、ササッとインスタ映えする写真が撮れるフィルムカメラをお探しの方に超おすすめだと思います。

いつでもどこでもサッと取り出して、数秒で撮れるのが気持ちいい!

 

電池が切れるとピクリともしなくなるので、いつも予備を持ち歩きましょう!

 ではでは、きょうはここまで!

 

フィルムで撮ったら、ぜひアナログプリントを楽しもう!

www.tomo-camera.com