カメラとベースでできている

フィルムカメラ大好きマンが写真を載せてばかりのブログです。

フィルム写真の魅力は、"アナログプリント"で完成する。小平市・アクティブスタジオ

f:id:tomo-camera:20180305000913j:plain

 

こんにちは、ともひろ(@Tomo_camera_)です。

あなたは撮影した写真たちを、どうしてますか?

 

いいね!やリツイートのためにSNSへ投稿するのは楽しくて大事なことですが、それって誰のための写真なの?って思うタイプです。

何百、何千とシェアされている投稿を尻目に、自分の写真は魅力がない、駄目な写真なのか?って悩んでいる人が居たら「プリントすること」を僕は勧めたい。

特に、フィルムカメラで写真を撮っている人へ。

今日はそんな記事です。

 

f:id:tomo-camera:20180304220815j:plain

JR・国分寺駅から西武多摩川線へ乗り換えて一駅、一橋学園駅から徒歩5分に位置するアクティブスタジオ(@uactivestudio) さんにやってきました。

 

きっかけはたまたま目にしたこちらの記事。

dime.jp

フィルムカメラで撮影した写真を、完全アナログでプリントしてくれるお店…?

 

アナログプリントってなに?

フィルムカメラで撮っても「デジタル化」されるのが今の現状 

アナログプリントってなに?」を説明する前に、フィルムカメラで撮った写真が、どうやってプリントされているかを説明します。

 

まず、スキャナーを用いて、フィルムはデータとなりパソコンに取り込まれます。

f:id:tomo-camera:20180304221900j:plain

フィルムスキャナーの一例

このとき、フィルムが持つ豊かなトーンや、階調の情報が一部失われます。

理由は、スキャナーやパソコンがそれぞれの”型”に嵌めて色の認識を行うためです。

f:id:tomo-camera:20180304225728j:plain

Mamiya RB67Pros+FUJIFILM PRO400H

本来、フィルムが持つ情報量はデジタル以上で、4K画質に匹敵するといわれています。

ただ、そのすべてをデジタルで再現することは難しく、省略される色や階調がどうしても出てきます。

 

そして、スキャンされたデータをもとに、プリンターでインクを紙に吹き付けていきます。

f:id:tomo-camera:20180304225545j:plain

出典:インクジェット印刷について|ノベルティ・販促品のセレクトショップ | 販促マニア

 

これが、家電量販店や自宅でフィルム写真をスキャンする一般的な流れになります。

フィルムからデータ化される過程で、失われている色があると言ったのはこのためです。

 

アナログプリントはインクを使わない

それに対して、パソコンやスキャナーなんて無かった時代。

フィルムカメラで撮った写真は、に反応する印画紙という紙に、化学変化を利用して色を焼き付けていました。

f:id:tomo-camera:20180304230824j:plain

出典:銀塩写真とインクジェットからのプリントの違い

ネガフィルムに記録された情報が、そのまま紙に現れるのでインクを使ったプリントよりも階調豊かでやわらかな写真になります。

また、データ化の過程で失われる、微妙な色彩やトーンもそのまま写真に反映されます。

下の比較では、画面右の男性が着ているシャツに滲む汗や、携帯をいじる男性の顔色が繊細に描写されているのがわかります。

f:id:tomo-camera:20180304231659j:plain

左:アナログプリント 右:インクジェットプリント

出典:世界中のプロカメラマン御用達!「完全アナログ写真」を現像する写真店に聞く、アナログの魅力|@DIME アットダイム

インクジェットプリントでは省略されていたり、飽和している色のニュアンスがしっかり再現されてますよね。

2018年3月現在、この"完全アナログプリント"ができるお店が存在するのは日本のみ!

それも全国で数ヶ所しかないという、超貴重な技術なのですよ!

 

と、あーだこーだ言ってもしょうがない。

実際にアクティブスタジオさんでプリントしてもらった写真を見てみましょう!

 

(h1)アナログプリントしてもらった写真がこちら!

f:id:tomo-camera:20180304221535j:plain

サイズはA4

f:id:tomo-camera:20180304231331j:plain

やわらかな色合い

f:id:tomo-camera:20180304231337j:plain

細かなトーンも余すところなく再現

アナログプリントをデジカメで撮影して本末転倒、な感じはありますがとても綺麗な仕上がりに満足しております!

ちなみに元写真はこっち。色合いがかなり違いますよね。

f:id:tomo-camera:20180304235641j:plain

まだ受け取っていませんが、ヨ◯◯シカメラで同じA4サイズのプリントも依頼しました!今回のアナログプリントとどう違うのか、比較するのが楽しみです。

 

おわりに 

f:id:tomo-camera:20180304234248j:plain

フィルムから光を通して焼き付けた柔らかいプリント。いいですね。

家族や、今回のペット写真のように、時代を超えて残したい大切なものと、フィルム写真の柔らかさは相性が良いです。

 「写真はプリントされてようやく完成する」ってことを実感しました。

 

スマホやパソコンの画面で見るのもじゅうぶん綺麗だけど、大切な写真が実態を伴うプリントになると感無量です。もう何枚かやってもらえばよかったな。

 

こだわりを持って、フィルムカメラを使ってる人こそ、最後のプリントまでアナログで通してみて欲しい。 

アクティブスタジオさんでは、郵送でのプリント依頼も受け付けているので、気になった人はぜひ体験してみてください。

世界中から写真家が依頼するようなお店みたいですよ。

銀塩写真プリント(アナログプリント) | 有限会社アクティブスタジオ

 

次はなにをプリントしてもらおうかな。 

あ、額縁買わなきゃ。

 

フィルムカメラを使ったポートレートの撮影やってます!

柔らかな雰囲気のプロフィール写真が欲しい方の依頼、待ってます!

www.tomo-camera.com