FILM CAMERA EYES ~1/125秒が"いつも"を変える

フィルムカメラ大好きマンが写真を載せてばかりのブログです。

大晦日に"NATURA1600"で夜の渋谷を撮影してきました。

f:id:tomo-camera:20180104163231j:plain

こんにちは、ともひろ@tomo_camera_です。

年が明けて4日。あいかわらず写真ばっか撮ってます。

今年も、フィルムカメラマンともひろと、このブログをよろしくお願いします。

 

沖縄へ旅行していた彼女も戻ってきました。井の頭公園で愛犬ぷーちゃんをお散歩させて、年始はのんびり過ごしています。

f:id:tomo-camera:20180104132250j:plain

CONTAX RX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 Kodak Proimage100

f:id:tomo-camera:20180104132817j:plain

CONTAX RX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 Kodak Proimage100

f:id:tomo-camera:20180104132212j:plain

CONTAX RX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 Kodak Proimage100

はぁ可愛すぎる。

と、愛犬自慢が済んだところでちょっと時間を巻き戻して、きょうは大晦日の話です。

 

大晦日の魅力

f:id:tomo-camera:20180104133202j:plain

年末になるといつも感じますが、1年365日の中で大晦日がいちばん好きです。

 

のんびりした雰囲気と、もうすぐ始まる新年への期待。いつもは人だかりで騒がしい街が、別の場所みたくシンとした寂しい雰囲気になる大晦日。

そんな空気を浴びたくて、年越しの瞬間を家の外で迎えるのが、毎年恒例になっています。

 

地元の神社の年もあれば、浅草や横浜、時には九州まで遊びに行ったり。

f:id:tomo-camera:20180104134453j:plain

場所は様々ですが、大晦日に感じる空気はどこも心地よいです。

 

「さぁ今年はどこで年を越そうか…」と考えたとき、真っ先に浮かんだのはいつもスナップを撮っている渋谷のスクランブル交差点

f:id:tomo-camera:20180104140201j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 FujiC200

行き慣れた地元の神社で過ごすのも、のんびりできて魅力的ですが、「大晦日にしか撮れない写真」の誘惑に負け、夜のスクランブル交差点へ向うことにしました。

 

まずは使用フィルム「NATURA1600」の紹介。

夜の街を撮影する場合、ISO100~ISO400では明るさが足りず、高感度フィルムが必要になります。

 

そんなわけで、今回の撮影のために購入したのはこちら。

フジの高感度カラーネガフィルム、NATURA1600です。

ヨドバシカメラなどで購入できるカラーネガフィルムの中では、最高感度のものになります。これがあれば、夜の撮影もばっちりです。

が、寂しいことに、NATURA1600は2018年の3月に生産終了が決定しています…。

(富士フイルム公式サイト) 

今回が初めての使用ですが、フィルムらしい淡い描写のファンも多いと聞きます。間もなく店頭から消えてしまうNATRA1600を、最後に使っておきたくなりました。

 

"Fuji NATURA1600"でカウントダウンに湧く渋谷を撮影する。

109地下から、地上へ。

大晦日、ほとんど乗客のいない井の頭線で、渋谷に到着しました。

 

この時点で12時07分くらい。

 

そう、2017年を振り返る記事を書いていて、カウントダウンの瞬間を逃すという大失態。何しに行くんでしょうか。正直帰ろうかなと思いました。

気を取り直してスクランブル交差点に向かおうとしたら、外から異様な怒号が聞こえます。

f:id:tomo-camera:20180104141254j:plain

外から聞こえる"10万人"の怒号に、来たことを後悔する。

渡り廊下から外の様子を伺いたいけど、目張りがされていて見えない。

とんでもない量の怒号が、塊となってガラスから漏れてきます。サッカーの試合をやってるのかと思うくらい。

f:id:tomo-camera:20180104144921j:plain

LeicaM6 summicron35mmF/2 NATURA1600

f:id:tomo-camera:20180104145047j:plain

LeicaM6 summicron35mmF/2 NATURA1600

混雑回避のためルート規制がされていて、109地下まで駅構内をぐるっと遠回りさせられます。

f:id:tomo-camera:20180104145850j:plain

LeicaM6 summicron35mmF/2 NATURA1600

ドキドキしながら地上に出ると、ハロウィンのとき以上の人・人・人

f:id:tomo-camera:20180104150043j:plain

f:id:tomo-camera:20180104154132j:plain

f:id:tomo-camera:20180104145952j:plain

f:id:tomo-camera:20180104150000j:plain

f:id:tomo-camera:20180104150929j:plain

f:id:tomo-camera:20180104151404j:plain

LeicaM6 summicron35mmF/2 NATURA1600

どこを見ても人ばかり。それに外人さんがとっても多い。

タイムズ・スクエアと間違えちゃったのかな?」ってくらいの外人さんの数。

渋谷で年越しってそんなに有名なんでしょうか。

 

ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ!」とジャンプし始める集団と、それを止める警察官。年明けの瞬間お仕事なんて、大変だ…。

f:id:tomo-camera:20180104150356j:plain

f:id:tomo-camera:20180104151217j:plain

f:id:tomo-camera:20180104151226j:plain

2ヶ月ぶりの35mmレンズとライカM6でバシバシ撮ります。

50mmレンズも持っていきましたが、「レンズを交換している最中に誰かに奪われそう」と身の危険を感じて、使いませんでした。それくらいのカオス、狂乱。

 

f:id:tomo-camera:20180104152728j:plain

f:id:tomo-camera:20180104152715j:plain

f:id:tomo-camera:20180104151243j:plain

あふれるゴミ。

 

f:id:tomo-camera:20180104151747j:plain

全方位から「Happy New Year!!」「Happy New Year!!」「Happy New Year!!」の合唱が聞こえてくる。

 

スクランブル交差点へ。

f:id:tomo-camera:20180104152209j:plain

いつもの撮影場所、スクランブル交差点へ。

109前が人の激流でもみくちゃだったのに対し、その場にとどまって写真を撮ったり、仲間たちと騒いだりしてる人が多いです。

f:id:tomo-camera:20180104153239j:plain

f:id:tomo-camera:20180104152903j:plain

f:id:tomo-camera:20180104152913j:plain

f:id:tomo-camera:20180104153837j:plain

f:id:tomo-camera:20180104153318j:plain

 

人であふれるスクランブル交差点。

f:id:tomo-camera:20180104153728j:plain

 駅前だけで、万単位の人がいました。

f:id:tomo-camera:20180104153441j:plain

f:id:tomo-camera:20180104153719j:plain

f:id:tomo-camera:20180104153402j:plain

ここまでで約30分。NATURA2本、計72枚をあっという間に撮り終わりました。

f:id:tomo-camera:20180104154020j:plain

f:id:tomo-camera:20180104155219j:plain

f:id:tomo-camera:20180104154058j:plain

f:id:tomo-camera:20180104154110j:plain

大騒ぎの人混みに疲れ、そのまま逃げるように吉祥寺へ。

いつも通りスムーズに動いてくれてありがとう、井の頭線!

 

終わりに

f:id:tomo-camera:20180104154745j:plain

はいっ、大晦日の渋谷、いかがだったでしょうか。

カウントダウンの瞬間を撮れないという大失態もありましたが、カオスな雰囲気が伝わればうれしいです。たぶん2度と行きませんが。

 

f:id:tomo-camera:20180104140647j:plain

今回初めて高感度フィルムNATURA1600を使ってみました。

感想は「明るい!」の一言(当たり前)。

 

NATURA1600ならF/4、シャッタースピード1/125秒と昼間の設定でも、余裕で夜の街を撮影することができます。

f:id:tomo-camera:20180104155703j:plain

f:id:tomo-camera:20180104155219j:plain

高感度フィルムなので、さすがに粒子は荒く出ます。

僕は滑らかな画質が好きなので、ISO100フィルムを常用していますが、使ったことのない感度のフィルムを使うと、撮影の幅が広がってまた写真が面白くなりますね。

 

NATURA1600の生産終了が目前の今、高感度フィルムで夜景を撮ってみてはいかがでしょうか。

残りの写真はSNSで公開しています!気になった方はフォローミー!

Instagramはじめました!

www.instagram.com

 

Twitterもまいにち元気に更新中!

twitter.com