カメラとベースでできている

フィルムカメラ大好きマンが写真を載せてばかりのブログです。

Kodak Pro image100は最高のフィルムだ。

f:id:tomo-camera:20171126160633j:plain

 

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

きょうは僕が大好きなカラーネガフィルム、

Kodak Proimage100」の紹介をします。

 

f:id:tomo-camera:20171126144648j:plain

 

Kodak Proimage100ってどんなフィルム?

ていうか店頭で見たことないんだけど?

f:id:tomo-camera:20171126145851j:plain

Proimage100は日本未発売のISO100カラーネガフィルムで、ヨドバシなどの量販店ではまず見かけることがありません。

僕はいつもかわうそ商店さんから5本パックをその都度購入しています。

 

店頭で売っているのを見たのは、自由が丘のポパイカメラだけです。

やはりポパイカメラの品揃えは強いですね。

 

なぜPortraやEktarではなく、Proimage100なのか

f:id:tomo-camera:20171126145548j:plain

いまの日本で、

コダックのカラーフィルムを使いたい!」と思ったとき選択肢に上がるのは、

 

・Portra160,400,800

f:id:tomo-camera:20171126150934j:plain

・Ektar100

f:id:tomo-camera:20171126151017j:plain

・Ultramax400

f:id:tomo-camera:20171126151222j:plain

このあたりでしょう。

 

個人経営のカメラ屋さんなら、

・Kodak Gold200 を見かけることもあるかもしれません。

さて、「フジの業務用」という激安フィルムが存在するのに、コダックのフィルムを選ぶ人」というのはどんな人でしょうか。

 

それは、「コダックの色に惚れた人」だと僕は思っています。

少なくとも僕はそうです。コダック大好き。

f:id:tomo-camera:20171126150352j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Ultramax400

f:id:tomo-camera:20171126150605j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Ultramax400

シャドウに乗る、黄色とも緑色とも言える絶妙なノイズに、

「コダックらしさ」を見出し、虜になる人も多いと思います。

 

コダックのフィルムに慣れてから、フジのフィルムのあっさりした描写が物足りなくなりました。

f:id:tomo-camera:20171126152339j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 FUJIFILM X-TRA400

ただコダックのフィルムにはひとつ、致命的な欠点があります。

それは、価格が高いということです。

 

フジの業務用は、ISO100・36枚撮りが渋谷のキタムラで1本400円ほど。

対して、PortraやEktarら高性能フィルムは1,600円~1,800円ほど。

現像や、スマホへの転送サービス代金を考えると、1本撮るだけで3000円近くかかります。

 

 ちょっとだけ安価なUltramax400も、1本1,300円くらいするので、

「じゃあPortra使うわ!!」ってなりがち。

 

いくら写りが良くても、

この価格では常用なんてとても出来ません…。

f:id:tomo-camera:20171126151443j:plain

 LeicaM6 summicron50mmF/2 Portra400

 

さてさて、前置きが長くなりましたがそんな時に出会ったのがProimage100です。

 

f:id:tomo-camera:20171126151701p:plain

かわうそ商店で購入した場合、

5本パックで3,750円なので、1本約700円。

ギリギリ使っていける値段ですね。

 

じゃあ、どんな写真が撮れるのか見ていきましょう!

 

Kodak Proimage100がだいすきだ!

f:id:tomo-camera:20171126144812j:plain

僕はKodak Proimage100の色を、

人が風景を見るときに、頭の中で感じている色」だと思っています。

 

人は、目の前の風景をただそのまま眺めるわけではないですよね。

過去の体験や、いまの感情と照らし合わせて、喜んだり感動したりするわけです。

f:id:tomo-camera:20171126151808j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

Proimage100はそんな、人が頭で感じている色を再現してくれるフィルムです。

だから、撮りたい写真と、出来上がった写真に雰囲気のズレがない。

f:id:tomo-camera:20171126154209j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

このフィルムを使い始めてから、風景を見て「あ、コダックの色だ」と思う機会が増えました。

とても伝わりづらい言い方ですが、現実の景色ってコダックの色にとても近いみたいです。 

f:id:tomo-camera:20171126154449j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

f:id:tomo-camera:20171126152059j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

f:id:tomo-camera:20171126152953j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

f:id:tomo-camera:20171126153231j:plain

LeicaM6 Noctilux-M50mmF/1.0 Kodak Proimage100

特別な空気感が漂う素晴らしいフィルムです。

「コダックのカラーネガフィルム」と一口に言っても、PortraやEktarとここまで描写が違うのかとびっくりします。

f:id:tomo-camera:20171126154952j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

 

・人が頭で感じている色を出してくれるフィルム。

f:id:tomo-camera:20171126153159j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

 

・撮影者の想いに色で応えてくれるフィルム。

f:id:tomo-camera:20171126154656j:plain

LeicaM6 Noctilux-M50mmF/1.0 Kodak Proimage100

っていったら褒め過ぎかな、ベタ惚れですね(笑)

 

おわりに

f:id:tomo-camera:20171126154746j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

ずっと書きたかったProimage100推しの記事がようやく書けました。
コダックのフィルムが使いたいけど、どれも高すぎて買えない!」って人はぜひ使ってみてください。

f:id:tomo-camera:20171126155428j:plain

LeicaM6 summicron50mmF/2 Kodak Proimage100

きっと虜になります。ISO100なので粒子も綺麗です。

生産終了しない限り、ずっと使っていくであろうKodak Proimage100の紹介でした。

 

使ってみてねー!

ではきょうはこのへんで。